奈良 東吉野村

めちゃくちゃ期間が開いてしまった。

もはやうろ覚えだけど書く。

 

 

11月2日、純太くん、オボコくん、シュウトと僕で純太くんの祖父母が住んでいた家を見に行くことに。

 

行きしな、焼きそばを食う。

店に入り、カウンターに座るとカウンター越しに株かFXは分からないけどチャートが表示された店主のPCらしきものが目に入る。

僕らが入店後、立て続けにお客が来て何に対してかはわからないけど
「こんな時に・・」と小言を言いながらいそいそ焼きそばを焼いていたことが印象に残っている。勝負時だったのか。

目のやり場に困って天井近くの壁に目をやると、ごきブラか何かのスタジオで店主らしき人物が焼きそばを振舞っている写真が飾られていた。

焼きそばは旨かった。

 

そこから車で一時間半ほどで東吉野村に着いた。

純太くんの祖父母の家は舗装はしてあるものの、道無き道といえば道無き道を抜けた所にある。

大きな平屋で家族写真や純太くん兄弟が小さいころに作った版画等が飾られていた。

もう人が住まなくなって久しいと聞いていたけど綺麗でほんのり生活の気配がする不思議な雰囲気だった。

あそこで街道やるのは凄くいいと思います。見たことない蜘蛛とかいたけど。

 

次にそこからほど近い七滝八壺という滝壺へ。

寒い。いきものの気配がない。

 

そこからリサイクルショップに寄り道をし、玉造で呑む。

一軒目の居酒屋、とても良く、疲れてたのか酔いが回る。

二軒目の居酒屋、少しお節介な女将さんがあくせく働く。

酔いが回って机に突っ伏して少し寝る。
目が覚めると大瓶が机にところ狭しと並んでいた。

こんだけの量を飲んだことにびっくりしたけどみんなの顔見たら
まだ飲めますよみたいな顔してた気が。

 

店を出て地下鉄玉造駅まで純太くんと歩く。

帰りは酔っていたのか一駅早く降りてしまった。

広告を非表示にする