読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

D.J.Fulltonoは世界一のDJ

もう本当に。

一昨日、喋った時間はトータル一分もなかったんだろうけど、

ブースを譲る際に「いやぁ、今日ほんま最高やったわ。ありがとう」

とわざわざ声をかけてくれて、わぁ〜と思ってるものの数十秒で

自分の曲につないだのを目の当たりにしてもうぐうの音も出なかった。

こんなDJに俺もなりたいと心底思った。

 

フルトノさんのDJはとにかく体感として心身に刻まれる。

時間がたってもどういうプレイだったか覚えてる。

 

いいDJはごまんといるし、そういう人と出会う度感動するんだけど、

どういう内容だったかまではあんまり覚えていない。

けどフルトノさんはなんか違う。

 

初期衝動ってとても大事だな、と、年をとるたび痛感する。

むしろ感動する場面は減るどころか歳を取るたび増えてる気がする。

追求して突き止めちゃうと飽きちゃいそうで怖いから

気持ちの詮索はなるべくしないようにしているけど、

あの気持はなんなのか。

 

最近踊る理由について言及したコラムだかレポートがあったけどなんだっけ。

 

広告を非表示にする